GAME

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1回戦 松江戦 監督コメント

GAME


◆上村健一 監督コメント

 「先に失点してしまい、常に追いかける展開になり、また怪我人等のアクシデントがありながらも、ゲームを勝ちに持っていけたという所は素晴らしかったと思います。
気温も高く、ゲームも厳しい展開となりましたが、遠方まで来ていただいたサポーターの皆さまの為に、選手が頑張ってくれましたし、
次にガンバ大阪と試合が出来る権利を得ることが出来たので、この天皇杯を使い、リーグ戦の為にレベルアップできればと思います。更に学びの機会が増えたので、この権利を得ることが出来た事が有難く思います。」


ー後半から徐々にペースを取り戻したように見えましたが、選手に出された指示はありましたか?ー
「実際ビルドアップの立ち位置などは前半から考えて意識して行ってくれていましたが、パススピードや30cmほどのポジショニングのズレであったり、ハンドリングのスピードなどが、
少しずつ遅く、少しずつミスがあったので、

ハーフタイムに『何をやっているんだ』ではなく、『今一度相手を見て、ゲームを成立させよう。相手を見てポジショニングを決める、プレーを決める。相手より早くそれが出来れば、圧倒できるのでは?』という話をして、その辺りは選手はテンションを変えて、後半にトライしてくれたと思います。それによって有利な時間が長くなったのかな、と思います。」


ー前半の失点場面についてー

「なるべく前線でボールを奪うために、2トップでプレスを掛け、サイドに供給されたときにさらにプレスを掛けたかったのですが、サイドハーフのポジショニングが少し定まらず、実際サイドの選手から色々なボールが供給され、そこがベースとなり、結局プレスを掛けれず自陣にボールを持ってこられたので、

その辺りはハーフタイムに話したのですが、
プレスが掛けれない時にどこから守っていくのか、という所は今一度整理をして、共有したいと思います。」


ー後半の赤星選手の同点弾の場面、シーズン当初は怪我もありましたが、結果を出した事への評価についてー
「雄祐(赤星選手)はスペース理解、特に攻撃の場面でのスペースを見つける能力が高いので、そういった部分では彼らしいゴールだったと思いました。
ただ、ゲームを120分通して見てみると、守備の場面でのポジショニングのミスや、技術的なミスがあったので、ぜひ今一度映像で振り返ってもらって、
そのミスがなぜ起きたのか、というところを振り返り、僕達からもフィードバックをしながら、(彼には)成長に繋げてほしいですし、その成長がチームの力になっていくと思うので、

そういった形で進んでいきたいと思います。」


ー6月はリーグ戦アウェイが4試合。次週以降に向けてー
「少しずつ、色々な場面を経験し、色々な相手と対戦しながら学べる事、経験値を増やしていければ良いと思いますので、
6月のリーグ戦と、その後の天皇杯については沢山学びが得れる機会になると思いますし、
今日もリーグで中々スタートで出れない選手が出て、しっかりと良いパフォーマンスを提示してくれた選手もいますので、
ぜひチーム全体、30名でリーグを勝ち取れるように、良いトレーニングを行っていきたいと思います。」

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1回戦 松江戦 試合結果

GAME



カマタマーレ讃岐 得点者

13分 渡辺悠雅


73分 赤星雄祐


スターティングメンバ―

GK 24 瀬口拓弥


DF 4 荒堀 謙次


DF 22 武田 有祐


DF 3 ペ スヨン


DF 10 高木 和正


MF 28 渡辺 悠雅


MF 8 赤星 雄祐


MF 14 佐々木 渉


MF 27 林 友哉


FW 33 木島 良輔


FW 9 我那覇 和樹


ベンチメンバー

GK 16 服部一輝


DF 20 柳田 健太


MF 17 池谷 友喜


MF 25 澤田 健太


MF 26 濱口 草太


MF 29 中村 亮


FW 21 福家 勇輝


選手交代

52分 DF 10 高木 和正 →DF 20 柳田健太


58分 FW 9 我那覇和樹  →MF 29 中村亮


58分 FW 33 木島良輔  →FW 21 福家勇輝


91分 DF 4 荒堀謙次 →MF 26 濱口草太


カマタマーレ讃岐 警告・退場

なし


photo





















































選手コメント

◆選手コメントはコチラ◆


監督コメント

◆監督コメントはコチラ◆




公式記録については、下記URLをご参照ください。


http://www.jfa.jp/match/emperorscup_2019/match_page/m5.html


5/19(日)明治安田生命J3 第9節 北九州戦 監督コメント

GAME


◆上村健一監督 コメント
「まずはじめに、たくさんのファン・サポーターの皆さまが来ていただいた事、またマルナカさんに冠スポンサーをしていただき、良い雰囲気・良い環境を作っていただいたのにも関わらず、
残念ながら、勝ち点3を取ることが出来なかった事について、非常に悔しいです。
北九州さんは本当に90分間プレースピードも落ちず、アグレッシブなサッカーをなさっていて、それに対する対応という所がすごく難しかったです。
ゲーム自体は先に点を取り、落ち着いてビルドアップし、もう少し攻撃で(ボールを持つ)時間ができれば、守備での負担やフィジカル的な要素、

最後にどうしても皆が疲れてしまい、消耗してしまったので、

そういったところは軽減できたのかな、と思います。
ぜひ今一度、ビルドアップを含め、攻撃から構築していくというところを皆でフィードバックして、トレーニングで改善していきたいです。」


ー今節で見えた課題、また良かった部分を教えて下さい。
「こちらのビルドアップの作り方を、相手の2トップの守備の仕方によって、前半のゲーム中に変えたのですが、
そこで少し入って行く方法を見つけ出せた、必要なポジショニングに入っていくという所を共有できたことは良かったのですが、
相手のプレッシャー・圧であったり、ビルドアップにおいてずっとそこに立ち続ける、ポジショニングを取り続けるという事ができなかったので、
それについては、慌てることなく、恐れることもなく、しっかりとポジショニングを取り、

キックスタートで始まるfifty-fiftyのボールに持っていくのではなく、しっかりと自分たちのマイボールでゲームを進めていく、という所が今後課題として残ると思います。」


ー本日はお疲れ様でした。特に後半は厳しい試合展開だったと思います。北九州が攻撃的に出て、いくつものチャンスを作っていたと思いますが、そのようになってしまった原因について
「相手の2トップ2サイドハーフ含めた前線の6枚がかなり圧をかけてきたので、その部分ではそこに対する守備の当て方がテーマだったと思いますし、
そこに中々プレッシャーを掛けれず、掛かる形を見出せなかったので、選手はよく頑張ってくれましたが、僕自身が今一度しっかりと提示をしないといけなかったと思います。
本当に人数をかけてきたので、自分たちは4-1-4-1でしたが、4ー2-3ー1であったり、真ん中に人を残すというフォーメーションも今後考えないといけないのかな、と思っているのですが、
なるべく前で前で、下がらずにいくという事をやりたかったですが、
今日は『下がらずにいく為』に必要な要素をピッチで出せなかったので、その部分はトレーニングで今一度選手に伝えていき、
なるべく前でサッカーをする為に必要な物を、攻撃・守備含めてトレーニングしたいと思います。」


ー福家選手の1トップや、重松選手の左サイドハーフ起用等、交代選手で流れを変えられようとしたと思いますが、その起用の狙いについて
「サイドに人を立たせて、サイドハーフを下げて、

守備にしかいけないような形にしようと思ったのですが、
サイドハーフが止まらなく、そこにサイドバックも連動してきていたので、それに対してはランニングが必要だと思い、福家(福家選手)のランニングを考えました。」
「思ったようにはいかなかったです。うちのアンカーの渉(佐々木選手)に対して相手の2トップがケアしながら、
渉(佐々木選手)に(ボールが)入ったタイミングで相手のボランチが出てきていたので、そのボランチが出てくる以上、ボランチの脇が空いてきていましたが、そこが全然使えなかったので、
その部分は今一度課題として残ると思いますし、

使った後にどうするかという課題も残りましたし、その辺りを相手が消してきた時にサイドが空きますが、そこでのせめぎ合いに、完全に負けました。」



ー先制点の場面について、色々なバリエーションを作りながら最終的に縦パスが入り、得点が生まれました。非常に良い形でしたが、その部分の収穫についていかがですか?
「『どこから入っていくか』という部分の共有が出来ていましたし、しっかりとトレーニングで行なった事が出来たのかな、と思いますが、
今一度選手と話してみないと分からないのですが、
得点した後にどういったメンタル状態にあったのか、という所と、ハーフタイムに少し話したところは『守備の掛かりが悪いから、
その部分を(意識する)』というところは言っていたので、

後半は守備のやり方を変えたので、その辺りは今一度(伝えていく)という所ですが、、
トレーニングで行なっている『ビルドアップからのスピードアップの共有』という所は出せたので、やはりこれを続けるためにも
恐れずにキックスタートではなく、立ち続ける。安定してボールを前に持っていく為に必要なポジショニングに立ち続ける、相手が来ることを恐れずにやっていくという部分については

今一度トレーニングしたいと思います。」

5/19(日)明治安田生命J3 第9節 北九州戦 試合情報

GAME


 5月19日 (日)、Pikaraスタジアムで開催されます「マルナカpresents 2019明治安田生命J3リーグ第9節 カマタマーレ讃岐 vs ギラヴァンツ北九州 丸亀サンクスDAY」の試合情報をお知らせいたします。
(香川県内の夢パスをお持ちの小学生は入場無料 https://www.kamatamare.jp/ticket/dream.php)




イベント情報

◆マルナカ コラボトートバック配布


北九州戦限定マルナカ様とのコラボトートバックを配布。
(先着3,000名)
時間:先行入場開始~試合終了まで(無くなり次第終了。)
場所:メイン、バック(ホームサポーター席)のみで配布!詳しくはコチラ

https://www.kamatamare.jp/news/?id=577&item=EVENT



◆北九州市観光PRブース


北九州銘菓「くろがね堅パン」(1枚入り)を先着300名にプレゼント!
歯が折れそうなぐらい堅いパンですので気をつけて食べてくださいね。

【場所】カマタマ広場
【時間】10:00~13:00(堅パンプレゼントは無くなり次第終了)



◆ハーフタイム会場一体型イベント「なかまかな 放送」

ハーフタイムにマルナカ様のテーマソングを放送します!

一緒に歌いましょう!
時間:ハーフタイム
場所:ピッチ内



◆丸亀市PRブース



丸亀名物骨付鳥マスコットキャラクターの「とり奉行 骨付じゅうじゅう」も登場!
丸亀城の石垣修復募金も実施します。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。
時間:10:00~13:00
場所:カマタマ広場



◆選手グッズ売り場店長


カマタマーレの選手が実際にグッズ売り場の店長になります!

参加選手は当日のお楽しみ!

場所:カマタマ広場/グッズ販売ブース
時間:11:30~12:00



◆Starteens(スターティーンズ)によるチアパフォーマンス


香川県内を中心に活躍中のStarteensの皆様がチアパフォーマンスを披露。
パワフルなパフォーマンスは必見です!
時間:11:40~12:00 ※雨天中止
場所:カマタマ広場/ステージ



◆四国電力ブース



よんでんポイントの特設ブースが登場!

よんでんポイントとは、「よんでんコンシェルジュ」での電気のご使用量のご確認や、暮らしに役立つコラムなどのサービスをご利用いただくことでたまるポイントです。
更に貯めたポイントでカマタマーレを支援していただくことができます!
ぜひお立ち寄り下さい!

時間:10:00~13:00
場所:カマタマ広場



◆池谷友喜 選手企画! 「限定集合写真撮影会」開催!

2019シーズン No.17ユニフォーム、または池谷選手ゲートフラッグのいずれかを持っている方限定の写真撮影会!

詳細はクラブ公式Twitterをご確認下さい!

【時間】試合終了後(15:15~)



◆ アウェイサポーターおもてなしブース
香川県内の対象施設にご宿泊いただいたアウェイサポーターを対象にキャンペーンを実施中!
https://www.kamatamare.jp/news/?id=9&item=INFO
【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場



◆さぬぴーのお散歩


当日スケジュール(予定)
【時間】
10:00~10:20 広場グリーティング 1回目
10:50~11:10 広場グリーティング 2回目
【場所】カマタマ広場など




グッズ情報

◆タオルマフラー  (ロゴ&エンブレム)


中央にロゴ、サイドにエンブレムが入ったデザインです!
価格:1,620円(税込)
モデル:柳田 健太 選手


◆‘47キャップ 


アメリカ発祥の47 Brandとのコラボ商品です!
価格:3,500円(税込)
モデル:ペ スヨン 選手


◆カマタマーレ讃岐うどん


観戦記念のお土産にどうぞ!
価格:600円(税込)




スタジアムグルメ情報

◆スポット出店

肉ぶっかけうどん(木の崎うどん)


煮込んだお肉とぶっかけうどんの相性が絶妙なバランスで美味しいです!

【価格】500円


◆かまたま焼うどん(まる銀商店 さぬきっちん)


釜玉うどんを鉄板で焼いた和風の焼きうどん!
【価格】500円




チケット情報

↓↓前売り券のご購入は「かまチケ」で!!↓↓


前売り券は現在好評発売中!!
※QRチケットご購入のお客様へ
試合当日、チケット引換所にて紙チケットへの交換をお願いいたします。
【時間】10:00~
【場所】カマタマ広場



アクセス情報


キックオフ4時間前より②→③→④→⑤→⑥の順に係りの者が誘導いたします。
※雨天の場合は、駐車場④の運用はございません。


↓通常アクセス情報はコチラ↓
https://www.kamatamare.jp/stadium/access.php

5/12(日) 第24回香川県サッカー選手権大会 決勝 四国学院大戦 監督コメント

GAME

 ◆上村健一監督コメント

ーまずは天皇杯 本選出場おめでとうございます。少し想定外な試合となりましたが、振返っていただけますか?
「自分たちがやりたかった、準備したビルドアップが上手くできず、どうやってスピードアップをするのかという部分であったり、またボールを下げる回数が多く、
横にボールを動かしていただけだったので、相手にとってそれは脅威にならなかったので、今一度映像を振り返り、起きた事に対してどのようにして効果的なものを打っていくのか、
という部分を共有していきたいと思います。
こちらが、相手のプレスがかけやすい位置にポジションを取ってしまう事があったり、ボールを受けた後のハンドリングのスピードが遅く、相手に『行ける』と思わせてしまったりした事が出てしまっていたので、
今一度トレーニングの中で、ポジショニング、スピード、コントロールしてからのパスまでのスピード、パスの質、そしてどこを見ておくか、というところは要求していきたいと思います。」


ービルドアップの部分では、やはり相手は狙って来ていたのでしょうか。
「基本的には引いてカウンター、前で奪ってカウンターするかというところが狙いだったと思いますし、ロースコアで引っ張って、一発カウンターというところが狙いだったと思うので、
その辺りのカウンターとの競り合いで、もう少し前で徹底的にボールを動かすやり方であったり…可能性を感じないクロスなどが多かったので、そこで横に動かす事によりスペースも変わってくるのですが、ハーフタイムでも言ったのですが、
チームとして、前に運べた時にスピードアップするやり方と、スピードアップしないという方法を使い分けるという所をこのゲームで学べたので、今後に活かしたいと思います。」


ー今後のリーグ戦に向けて、今日はあまり出場機会がない選手を起用したことについてー
「選手たちには、'リーグの為の'学びであったり、'リーグの為の'ゲームにしたいと言っていたので、勿論それが負けていい事ではありませんし、一生懸命プレーをしなきゃいけないのですが、
今日はファン・サポーターの皆さんも沢山来ていただいていましたし、その方々に少しでも喜んでいただけるようなゲームをするという事は変わらないのですが、ただこの天皇杯に対しては
リーグの為の天皇杯であると考えているので、そういう意味では、怪我明けの選手やなかなか出場機会がなかった選手達を起用した事については、少しでも底上げにはなったと思いますし、
実際に最後PKまでいって、こういった緊迫したゲームが出来たという事については、若い選手にとっては学びになったと思いますし、それによってチーム力が上がっていくという風になれば一番良いと考えているので、
この難しかったゲームをやはり振り返って、『今後に向けての良い学びの機会だった』という風にしたいと思います。」


ー新加入の澤田選手や、赤星選手に対しての評価についてー
「赤星選手は元々オフェンシブな選手で、ボールを前に運んだ時には、スペースをコントロールする事が得意な選手ですが、そういった機会が前半は少なく、どうしても後ろに下がって相手をコントロールするという部分が多かったので、
後半はアンカーをやってもらいましたが、彼の持ち味である前線でのスペースを見つける能力であったり、前線で味方を活かすプレーが、中々出る機会が少なかったので、
今後はまた違ったゲームの時に、そのような展開の時に彼がまたピッチに立って、チームの為に頑張ってほしいと思います。
澤田選手ですが、中々得点が取れない展開で、かなりの選手が前掛かりになり、システム的にも4-1-4-1からサイドバックの選手を高い位置にして、かなり2VS2の場面が生まれたと思いますが、
この難しい攻から守の対応ですが、丁寧にポジション修正しながら、1VS1のバトルであったり、そういった部分も粘り強く最後までやってくれて、良いプレーだったと思います。」


ー前半のみの出場ですが、高木選手のプレーについてー
「攻め方など、練習でやっていない形を行ったのですが、怪我なくプレー出来たことが良かったと思います。
先ほど全体にも言ったのですが、やはりモヤモヤが僕も含めて残っていると思うので、それをお互いに、僕とコーチ陣であったり、選手とコーチ、選手同士、またベンチ外の選手も含めて、
どうしたらよいのか、『こうしたい』という事を皆で共有して、次に活かせたら良いね、という話をしたので、
それについては高木選手はプレーが出来たという事については良かったですし、またこれからのトレーニングの中で、周りの選手へ発言してもらったり、プレーで表現してもらって、
チームの一つの貴重なピースになってもらえればよいと思います。」


ー来週は天王山です。5/19(日)北九州戦に向けてー
「この試合の振り返りをしっかり行って、大事なゲームに向けて、みんなで良い準備をし、
今日はやはり悔しいゲームでしたし、サポーターの方も『おいおい』というようなゲームだったと思いますので、次の北九州戦はゲームのスタートから、100%フルスロットルで、良いゲームをしたいです。」


ー渡辺選手の途中交代についてー
「西選手を途中から出すという事は決めていて、やはりプレーの機会を持ってもらいたかったので。中村選手か、渡辺選手かどちらかだとは決めていました。
ビルドアップの関係で、外に張る選手、インサイドを取る選手を考えると、インサイドは西選手だと思ったので、中村選手と渡辺選手であれば、中村選手のほうがインサイドを取れるので、
中村選手をピッチに残すことを決めました。ただ、持ち味や仕掛ける部分は出せていたと思うので、次にプレーする機会があればその際も持ち味を出してほしいと思いますし、
物足りなさも残っていると思うので、やはり『出来た事』『出来なかった事』を整理して、今後のプレーに活かしてほしいと思います。
ただ、本当にプレーの機会を与えられたことについてはすごく良かったです。
現時点でリーグを戦っているメンバーがゲームに出たほうが、もしかしたら安定したゲームになっていたかも知れないですが、やはり僕らは30人で戦っていて、
今後、出場停止や怪我であったり色々な事が起きると思うので、そういった状況になった時に、誰が出ても、チームの役割を理解する、果たせるという事に繋げるためにやはり
こういったゲームでしか学べないと思いますので、やはりこの機会で選手がプレー出来たというのが一番大きいと思いますし、モチベーションの部分でも、良かったと思います。


ー選手達にはもっと良いパフォーマンスを見せてほしかったという事は思いますか?ー
選手達は一生懸命やってくれたと思います。選手がピッチに立った時に良いパフォーマンスが見せれるようにトレーニングを行う事が僕の役目なので、
それに対しては何も思わないです。ただ、必要なこと、足りなかったことについては映像を使い、
『これが必要だよね』『ここを変えないといけないね』という事については、引き続き選手に伝えていきたいと思います。
パフォーマンスについては、選手達は一生懸命にやってくれたので、全然問題はありません。


ー対戦相手の四国学院大学の選手達についてー
「最後まで本当にアグレッシブに戦っていましたし、『チームとしてカウンターを行う』という意思統一のもと、最後までそれを貫いていましたし、
本当に僕たちにとって脅威だったので、僕たちもやはりこの学びの機会を経て、この統一する事の素晴らしさを感じて、今後は僕たちも行なえるようにしたいと思います。すごく脅威でした。」

全101件 21 - 25 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • >
  • 最後へ