GAME

6/23(日)明治安田生命J3 第13節 群馬戦 監督コメント

GAME

 ◆上村健一監督コメント
「まず日曜日のナイターの開催にもかかわらず遠く香川から来ていただいたファン・サポーターの皆さまにこういったゲームを見せてしまい、大変申し訳なく思っています。
次節はしっかりとトレーニングをして良いゲームをお見せしたいと思います。
ゲーム自体はビルドアップがうまくいかず、その中で少しずつ微調整しながらやっていったのですが、なかなか安定してボールを運ぶことが出来ず、どうしてもミスが多かったので、

その中でハーフタイムに選手には『ビルドアップの形』を話し、
『ミスはゲームの中でどうしてもあるもので、何らナーバスにはならずにプレーは続けてほしい』という話をしました。
実際、後半はリスクをかけて得点を取り行ったところで1得点奪えましたが、カウンターもたくさん受けてしまうという難しいゲームになってしまいました。
選手にはトレーニングの中で、攻撃に関しては今一度『相手のスペースはどこにあるのか』という所を共有し、
また守備の部分においては『どこで奪いにいくのか』という所を今一度共有して、次節にしっかりと準備したいと思います。」


ービルドアップで上手くいかなかったという話ですが、それは讃岐の問題なのか、群馬が良かったのか?

「ザスパクサツ群馬さんが4ー4ー2のシステムから、先にサイドハーフをうちの3バックの(ビルドアップの)作りに対して当ててきたので、
そのせめぎ合いの部分では、群馬さんのプレッシャーのスピードなどが速かったですし、凄くオーガナイズされた守備をされていたので、
そこは群馬さんが素晴らしかったですし、そのプレッシャーがある中でせめぎ合いに関しては実際負けていたと思います。

(プレッシャーに)来られても剥がしていけるような(ビルドアップの)作りを、今一度しっかりとトレーニングしていきたいと思います。」

6/23(日)明治安田生命J3 第13節 群馬戦(アウェイ・正田スタ) ご観戦について

GAME

 【6月23日(日)明治安田生命J3リーグ 第13節 ザスパクサツ群馬vsカマタマーレ讃岐@正田スタ 19:00 キックオフ】にて、
ご来場のお客様が安全かつ快適にご観戦いただけますよう、
ザスパクサツ群馬様 ホームページにて横断幕掲出のルール等が掲載されております。
ご来場前に必ずご確認いただき、アウェイゲームご観戦の際も、観戦マナーをお守りいただきますようご協力をお願いいたします。


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム スタジアムルール(横断幕掲出ルール) https://www.thespa.co.jp/stadium_rule/


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム情報 (vs カマタマーレ讃岐)

https://www.thespa.co.jp/2019_news/0623/


◆ザスパクサツ群馬 ホームゲーム スタジアムアクセス

https://www.thespa.co.jp/stadium_access/

6/15(土)明治安田生命J3 第12節 YS横浜戦 監督コメント

GAME

 


◆上村健一監督コメント

「悪天候にもかかわらず、たくさんのファン・サポーターの皆様に来ていただき、本当にありがたく思っています。その皆様に、勝ち点3という結果で返せたことを本当に嬉しく思います。

ゲーム自体は、Y.S.C.C.横浜さんが、攻撃陣が2トップ、2シャドーのような形で、真ん中に人を多く配置していました。そのためサイドからの攻撃、長いボール、縦パスからの攻撃というのを狙いとしていたと思います。

それに対しての対策はトレーニングで取り組んでいたので、成果が出たと思います。

選手自身が、ベンチメンバー、またベンチ外の選手も含めて、みんなが、勝利を目指して1週間トレーニングに取り組み、その成果が出たことが嬉しく思いますし、それを継続してくことが一番大事なので、次節の群馬戦に対しても、いい準備をしていきたいです。」


―FW我那覇和樹選手、MF西弘則選手が2試合連続ゴール

我那覇選手はこの試合はアシストも記録しましたが、評価について


「スピードはないですが、相手のとの駆け引きや、状況に応じたプレーを継続してくれました。我那覇選手がいることで、『彼だったら収めてくれるな』と安心感が選手に芽生えるため、非常にありがたいプレーをしてくれました。西選手は、前半15分過ぎから、立ち位置を変えたり、後半も変えましたが、うまく対応してくれて、ゴールという形、結果という形を出してくれて、非常にうれしく思います」


ー先制ゴールが非常にチームを勇気づけたと思いますが、あの我那覇選手のゴールいかがでしたか?

「さすが、元日本代表の選手だな、と思います。本当に素晴らしいゴールでした。林選手もいいボールを供給しましたし、我那覇選手もそこに上手く走りこんだと思います。」


ー今日の試合は、原点の部分、球際や身体を張るとか、そういったところで引けを取らなかったと思います。

「今も選手に話をしましたが、試合は90分なので、前節のG大阪U-23戦で2-0から2-2になってしまった教訓を生かし、今日は90分間で試合をコントロールしながら、勝ち点3をとれたということはすごく良かったと話をしました。実際、90分でも、押し込まれる時間があったり、球際の攻防であったりしましたが、そのあたりは、戦術的な話というよりも、球際で負けないことがベースとしてないといけない、という話は選手にしました。練習の中から、今後も続けてやっていこうという話をしてきました。

それが、必ず、次節、またこのシーズンで結果を出す要因になると思いますので、継続してやっていきたいと思います。」


ーぺ・スヨン選手を入れた意図は?

「我那覇選手が前線でしっかりとボールをキープしたり、起点になってくれていましたが、長いボールを供給したときに、若干センターバックにはじき返されたりする機会が、増えてきました。

そこでぺ・スヨン選手を投入すれば、その攻防で自分たちに有利になるかと思い、期待して起用しました。

実際得点シーンは、彼の素晴らしいものがでました。

彼だけではなく、得点はなかったですが、市村選手も相手の変則的な立ち位置に対して、守備、ケアをしてくれました。攻撃でも、前線に飛び出すスピードであったり、距離でや回数、そのようなことを出場した時間で何回もやってくれました。

全ての選手が、本当に勝ち点3をとるために、役割をきっちり果たしてくれたゲームかなと思います。」



ー4試合ぶりの勝利でしたが、この勝利の意味を改めて教えてください

「実際、苦しい期間だったので、勝ち点3がとれないことは、不安になりますし、選手も不安になると思います。これを続けていければ大丈夫だと思ってくれる、一つのポイントになればいいと思います。ただ、これを2試合、3試合続けていかないと、自分たちが一番上に立ち昇格できないので、これを継続していくことを頑張りたいです。」


ー(勝利がない)4試合の中で上村健一監督が改めて、強調した部分というのはどのような部分でしょうか

「今日はピッチ状態が良くなかったので、ビルドアップよりも、基本的にはボールをどこに蹴るか、ターゲットの選手に渡った時の他の選手の役割、ターゲット選手の役割を話しました。

他の試合は『ビルドアップ』『安定してボールを前に運ぶ』『攻撃機会を増やす』『前線でボールを奪われた時は前線から守備をする』ということは常に言い続けていました。今日もできている時間帯もありましたし、できていない時間帯もあったりしましたが、ゲームを通じて、トライする機会ができました。

前節の振り返りを経て、自分たちが下がったエリアでの守備のやり方を今週行いました。

今後も、自分たちが試合を経て、いろんなことができるようになったり、

また、試合を通じて学んでいき、練習でもしっかり取り組みたいと思います。」

6/15(土)明治安田生命J3 第12節 YS横浜戦 試合情報 ※6/15(土) 15:00更新

GAME


試合につきましては予定通り18:00キックオフで会場の準備を進めております。
ご来場予定のお客様は、どうぞお気をつけてPikaraスタジアムにお越しくださいますようお願い申し上げます。


6月15日 (土)、Pikaraスタジアムで開催されます「2019明治安田生命J3リーグ第12節 カマタマーレ讃岐 vs Y.S.C.C.横浜」の試合情報をお知らせいたします。
(香川県内の夢パスをお持ちの小学生は入場無料 https://www.kamatamare.jp/ticket/dream.php)


イベント情報

◆カマ四駆ブース
誰もが熱中した懐かしのあのおもちゃで対戦できるブースを設置します。
勝利した人にはお菓子をプレゼント!
熱戦が繰り広げられること間違いなしです!
※雨天中止
時間:15:00~16:30・17:00~17:30
場所:カマタマ広場

雨天中止となりました


◆選手と勝負!カマ四駆ダービー
選手とカマ四駆で対戦するイベントを開催します。
勝利した人には選手のサイン入りメガホンをプレゼント!
※雨天中止
時間:16:30~17:00
場所:カマタマ広場

 


雨天中止となりました


◆スポーツチャンバラブース


世界選手権優勝者を講師に招き、スポーツチャンバラを体験できるブース設置します。

時間:15:00~18:00
場所:カマタマ広場

雨天中止となりました


◆お父さん対抗!スポチャンカップ
お父さん対抗のトーナメントを開催し、優勝者にはキックインセレモニー参加の権利が与えられます!
ご来場のお父さんのご参加お待ちしております。


時間:16:00~17:00 (15:00~受付開始)
場所:カマタマ広場


雨天中止となりました


◆お父さんの絵を描こう!似顔絵ブース

お父さんの似顔絵を描けるブースを設置します。

描いた絵はカマタマ広場に展示します。
父の日の思い出にいかがですか?

時間:15:00~18:00
場所:カマタマ広場


雨天中止となりました




【開催】◆ アウェイサポーターおもてなしブース
香川県内の対象施設にご宿泊いただいたアウェイサポーターを対象にキャンペーンを実施中!
https://www.kamatamare.jp/news/?id=9&item=INFO
【時間】15:00~18:00
【場所】カマタマ広場


【開催】◆さぬぴーのお散歩


当日スケジュール(予定)
【時間】
15:00~15:20 広場グリーティング 1回目
15:50~16:10 広場グリーティング 2回目

16:40~17:00 広場グリーティング 3回目

【場所】カマタマ広場など

デッキ下でお散歩予定


グッズ情報

◆ラバーキーホルダー(ユニフォーム)

ユニフォームデザインのラバー型キーホルダーです!
価格:648円(税込)


◆ユニフォーム型ピンバッジ


今シーズンのデザインを基調としたユニフォームピンバッジです!
価格:540円(税込)


◆アクリルマグネット

new! ガチャガチャ第2弾!
全30選手登場!!
価格:300円(税込)



スタジアムグルメ情報


◆お客様の安全を考慮し、スタジアム場外・カマタマ広場のグルメ売店の出店を中止させていただく事を決定いたしました。
ご了承下さいますよう、お願い申し上げます。

尚、スタジアム・コンコース内の売店は3箇所をオープンいたします。
・メインスタンド1箇所
・バックスタンド(ホーム)1箇所
・バックスタンド(アウェイ)1箇所



チケット情報


↓↓前売り券のご購入は「かまチケ」で!!↓↓


前売り券は現在好評発売中!!


※QRチケットご購入のお客様へ
試合当日、チケット引換所にて紙チケットへの交換をお願いいたします。
【時間】15:00~
【場所】カマタマ広場



アクセス情報


キックオフ4時間半前より、係りの者が誘導いたします。
※今節は駐車場④、⑦の運用はございません。

↓通常アクセス情報はコチラ↓
https://www.kamatamare.jp/stadium/access.php

6/9(日)明治安田生命J3 第11節 G大23戦 監督コメント

GAME



 ◆上村健一監督コメント

「香川県からたくさん、ファン・サポーターの皆さまが来ていただいたにも関わらず、更に2-0としたにも関わらず、勝ちきれなかったことが、申し訳なく思いますし、しっかりと次は勝ち点3が取れるように、準備したいと強く思わされたゲームでした。前半は守備の部分で、よくできていましたが、後半は相手のセンターバックの(持ち)運びに対応ができなったので、また振り返って、トレーニングで落とし込んでいきたいと思います。」


ー前半は 2-1での折り返しでした、ハーフタイムの指示はなんだったでしょうか。

「ハーフタイムには、前半の終盤に少し押し込まれた時間があったため、2-2になってもいいから、2-1で終わろうというゲームにせず『(3点目を)とりにいこう』という話をしましたし、『後半は前からプレスにいこう』という指示を出しました。実際、それに対して、相手チームがやってきたことは、センターバックからいい形でサイドハーフの選手に(ボールが)入れてきたので、そのあたりを修正しないといけないなと思います。」


ー今回前半、非常に思うようにいい形になったと思いますが、

今シーズン後半に失点が目立つことについて

「選手たちは頑張ってくれているので、守備のやり方を、押し込まれた時間帯と(自陣)深い位置での守備は変えなければいけないと思います。守備だけではなく、攻撃でも、フィジカル的にコントロールできるように、前での時間帯を増やすことを今後も継続してやっていきたいと思います。」


ー前節、修正したいと言っていたビルドアップについて

「相手の出方に対して何種類か持っていたのですが、前半最初は相手の2トップが(自分たちのセンターバックに対して)プレッシャーをかけてきて、(相手の)サイドハーフのプレッシャーが早くなかったですが、後半そのサイドハ―フのプレッシャーが早くなり、少し混乱しました。また、サイドハーフのプレッシャーが早い相手チームに対して、どのような対応をするかを、トレーニングをしていきたいと思います。」


ー今日はアンカーの位置に永田選手を起用され、これまでの佐々木選手と異なった形でした。

「ここ数試合、オフェンシブなポジションで(プレーする)永田選手が周りの視野を限られた中で行うボールコントロールで、失う場面が少し見られていました。その為、今日の試合ではアンカーの位置で、前向きにプレーをさせたかったです。佐々木選手に対しては、前線でコンビネーションであったり我那覇選手にかかわるプレーを期待しました。そういったところで、いつもと違う立ち位置にしました。」

全91件 1 - 5 件表示
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • >
  • 最後へ