GAME

5/19(日)明治安田生命J3 第9節 北九州戦「株式会社マルナカ」様 冠試合決定のお知らせ

GAME

このたび、5月19日(日)Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)にて開催される明治安田生命J3リーグ 第9節ギラヴァンツ北九州戦におきまして、「株式会社マルナカ」様の冠試合を開催することとなりましたのでお知らせ致します。
なお、冠試合内容は、別途後日お知らせいたします。


 
<明治安田生命J3リーグ第9節>
■ 日 時:2019年5月19日(日) 13:00キックオフ(11:00開門)※予定
■ 会 場:Pikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)
■ 対 戦 :カマタマーレ讃岐 vs ギラヴァンツ北九州

 

〈株式会社マルナカ様〉
■社 名:株式会社マルナカ
■事業内容:スーパーマーケットチェーン
・スーパーマーケットチェーンを四国4県と淡路島で143店舗を展開(2019年4月現在)
・物流センター(坂出市、宇多津町)、水産加工センター(高松市)
・関連会社において、惣菜・パン・漬物・素麺の生産工場、菓子・水産加工物の取扱い、旅行事業・介護事業も展開している。
■本 社:香川県高松市円座町1001番地
■代 表 者:代表取締役社長 平尾 健一

4/7(日)明治安田生命J3 第5節 福島戦 監督コメント

GAME


 ◆上村健一監督コメント

「まずはじめに、ホームゲームに来て頂いた沢山のファン・サポーターの皆さま、本当にありがとうございます。ボランティアの皆さまも、本当に選手が気持ちよくプレー出来るようにプレーしやすい環境を作っていただいて、有難く思っています。

その皆さまの為に、勝ち点3を取ることが出来たことに、非常に喜びを感じています。
ただ、ゲーム自体は前半から、福島ユナイテッドさんがポジションを流動的にチェンジし、自分たちが前でボールを奪う回数をもっと増やしたかったのですが、なかなか捕まえきれずに、相手のほうが主導権を握り、やりたいサッカーを展開されてしまったので、すごく難しいゲームでした。
ハーフタイムについてもその攻防に対しては、少しの差で変わるという事を伝えて、ポジション修正のスピードであったり、全てに対してアラートになる事であったり、その辺りは少しは改善され、前線で取る回数も増え、最終的には2-1というスコアで終わる事ができ、それについては良かったと思います。
ただ、1-0でどういったゲームコントロールをするかという部分については、1-1と振り出しに戻されてしまったので、またしっかりと振り返りを行い、チームで共有していきたいです。」


ーホーム3連勝おめでとうございます。後半に福家選手が決勝点を取りましたが、福家選手を投入された意図はどういったものでしょうか。
「福島ユナイテッドさんが、ビルドアップにアンカー、センターバック、またオフェンシブな選手であったりと、沢山の人数をかけて行なっているので、
そこで奪えた時に、彼のスピードが活きるのではないかという所はゲーム前から話していて、そこは想定していました。」


ー後半は特に、チーム全体が球際の勝負で頑張ったり、セカンドボールへの反応といった部分で頑張っていたと思うのですが、評価はいかがでしょうか?
「ゲーム前から、ボールの奪い方や、(コース)を限定させるプレスの掛け方など、自分が話をし過ぎた結果、選手は相手に合わせようとしすぎて、本来は自分で予測してポジションを修正しなければいけないことが、(それによって)奪われてしまったので、ハーフタイムでは、そこは'俺が言った事によって難しくなってしまっている'と話をして、今一度、この暑さの中でしっかりとポジションを修正して、スタートのポジションを明確にし、そのなかで球際のバトルであったり、何度も追いかけることであったり、コーチングであったり、そういったベースの部分を'今一度しっかりやろう'、と言って後半に送り出したので、その部分は実際、後半に発揮してくれて、ゴールに繋がったところは非常に良かったのかな、と思います。」


ー前半はシュートが少なかったですが、後半は積極性も生まれたと思います。それについてはいかがですか?
「この天気なので、どうしても後半はオープンになってくるだろう、延びてくるだろうとは試合前から思っていたので、ベンチの選手を含めて、'必ず途中でオープンになるから、その時に途中から出た選手がすごく大事になる'という事もミーティングで言っていましたので、実際に、ベンチだった福家が途中から入って結果を出してくれましたし、スヨン(ペ・スヨン)も途中から入ってゲームを終わらせてくれましたし、そういった部分ではチーム一丸となって、30人で掴めた勝利だと思います。

あと今日はタカ(西野貴治)が見に来てくれていたので、タカも帰ってきて30人で掴めた勝利だと思います。」


ーこの結果、暫定首位(7日15時時点※実際には今節終了時点では首位の北九州と同勝ち点の2位の位置につけている)という位置につけることが出来ています。それについてはいかがですか?
「'ぜひ、自分たちが1位に躍り出よう。'という事はミーティングでも話しましたし、それを自分たちのものにして、首位で居続けたい欲であったり、下から追われるプレッシャーであったり、そういった事を楽しめるように、トレーニングが出来るようにすれば、もっと楽しい1週間になると思うので、'ぜひ首位に躍り出て、そこで色々なものを経験しよう'と話してはいたので、どうなるか分からないですが、今のところは良かったです。」


ー5戦負けなしですが、ここまでの修正点・収穫点を教えてください。
「ビルドアップの部分では、以前よりも少し整理されていて、相手を見てどういったビルドアップを選択するのかという所は、少しだけできるようになり、前に運ぶ回数が増えたので、それは収穫としてあると思います。

今後は、前にボールを持ってきて、どういった攻撃をして相手から得点を取るのかという所については、課題として残っているのかなと、思います。

どこでスピードアップするのか、という共有がまだできていないので、その辺りをトレーニングで少しずつ落とし込んでいくことが出来ればいいかな、と思います。」


ーチーム内の雰囲気はいかがですか?
「本来であれば、'すごく良いゲームだった!'という試合のほうが良いかと思いますが、これほど厳しいゲームをして、それでもポイントが取れたという事に選手は充実感を持ってくれていると思うので、必要なことをしっかりとやり続け、

こういった厳しいゲームを、沢山得点をして快勝するゲームへと変えれるように、トレーニングをしっかりとやっていきたいと思いますし、粘り強く、強いメンタルを持った選手たちなので、

これをぜひ継続して、ホームで必ず強いメンタルを前面に出して、

戦ってほしいと思います。」


ー池谷選手が開始早々、決定的な場面でシュートを決められなかった。その後、なかなか難しいゲームとなったのですが、
最後に決勝ゴールをアシストする活躍を見せてくれました。立ち上がりから、本当に労を厭わぬ運動量だったと思いますが、池谷選手の評価を教えてください。

「試合前には、池谷選手だけでなく、チーム全員に伝えたことがあって、'開幕の試合と同じテンションで行ってほしい'という話をしたんですね。
今勝てていることで、分からないですが慢心や気の緩みが出ると、ポイントを落としてしまったり、難しいゲームになるという話をしました。
'友喜(池谷友喜)、開幕戦の時はどういう心境でゲームに挑んでいたのか?'という話をしたのですが、やはりもう一個ネジを締め直してやってくれたというか、結果という部分では彼は得点を取れず、試合後に'僕が決めれなくて、ゲームを難しくしてしまいました。すみません。'という話をしてきたのですが、
攻撃も守備も精力的にチームの為にやるべき事を徹底し、(87分間)プレーしてくれていたので。

これは彼の持ち味なので、このまま続けてやってほしいですし、彼自身はゴールという形を求めていると思いますが、早く得点が生まれてくれれば、彼もホッとして落ち着いて、2点、3点と沢山得点を取ってくれるのではないかと期待しています。」

4/7(日)明治安田生命J3 第5節 福島戦 試合情報 ※4/5(金)再掲載

GAME


4月7日 (日)、Pikaraスタジアムで開催されます「2019明治安田生命J3リーグ第5節 カマタマーレ讃岐 vs 福島ユナイテッドFC 」の試合情報をお知らせいたします。
(香川県内の夢パスをお持ちの小学生は入場無料 https://www.kamatamare.jp/ticket/dream.php)




ーイベント情報ー


ピッチdeヨガ&チケットプレゼント!


講師の方を招き試合前のピッチ内でヨガを体験いただけます。
参加後は試合に無料ご招待!
申込期間: ~4月5日(金)12:00まで!
詳細はコチラ
https://www.kamatamare.jp/news/?id=488&item=EVENT



◆尽誠学園高等学校應援部によるパフォーマンス

試合前にカマタマーレ讃岐、新生活を始めた方に向けて尽誠学園高等学校應援部の皆様からエールを送っていただきます!
【場所】ピッチ内
【時間】試合前



◆卒業生によるフラッグベアラー体験&チケットプレゼント!

今春に小・中・高・大学を卒業された方対象でフェアプレイフラッグベアラーを募集します!終了後はB席(ホーム)で試合をご観戦いただけます!

申込期間: ~4月5日(金)12:00まで!

詳細はコチラ
https://www.kamatamare.jp/news/?id=489&item=EVENT



◆小学校卒業生によるエスコートキッズ&チケットプレゼント!

香川県在住の今春小学校を卒業された方限定でエスコートキッズを体験!
終了後は試合をB席(ホーム)でご観戦いただけます!
申込期間: ~4月5日(金)12:00まで!

詳細はコチラ
https://www.kamatamare.jp/news/?id=487&item=EVENT



◆口笛世界チャンピオン 田所 敦さんによるパフォーマンス


株式会社レクザム 社員 田所 敦さんによるパフォーマンス

【時間】11:40~12:00

【場所】カマタマ広場/ステージ
※雨天時変更あり



◆ファンクラブ会員限定 ハイタッチ会参加 抽選会

ファンクラブ会員様限定「ハイタッチ参加抽選会」を行います!

当選者の方はウォーミングアップ前の選手とハイタッチできます!
【時間】10:00~11:30
【場所】カマタマ広場

詳細はコチラ

https://www.kamatamare.jp/news/?id=486&item=EVENT



◆選手グッズ売り場店長



カマタマーレの選手が実際にグッズ売り場の店長として登場!

【場所】カマタマ広場/グッズ販売ブース
【時間】11:30~12:00

詳細はコチラ

https://www.kamatamare.jp/news/?id=506&item=EVENT




◆応援メッセージフラッグ

 

カマタマーレ讃岐へのメッセージを巨大メッセージフラッグにご記入ください!皆さまのご協力よろしくお願いいたします。

【場所】カマタマ広場
【時間】10:00~13:00



◆ アウェイサポーターおもてなしブース
香川県内の対象施設にご宿泊いただいたアウェイサポーターを対象にキャンペーンを実施中!

https://www.kamatamare.jp/news/?id=9&item=INFO

【時間】10:00~13:00
【場所】カマタマ広場



◆さぬぴーのお散歩


当日スケジュール(予定)
10:00~10:30
11:00~11:30
12:00~12:30
【場所】カマタマ広場など



ーグッズ情報ー

◆プリントタオルマフラー

モデル:渡辺 悠雅 選手
【 価格 】 2,160円(税込)


◆タオルマフラー(We LOVE カマタマーレ)

モデル:中村 亮 選手
【 価格 】1,620円(税込)


◆文房具セット(限定販売)

【販売時間】11:30~12:00 (30分間)
【セット内容】
シャープペン(new!)、さぬぴー下敷き、さぬぴー定規、色鉛筆

【販売価格】1,000円(税込)  ※80セット限定

※商品が売切れ次第、販売を終了いたします。



ースタジアムグルメ情報ー


◆4/7(日)スポット出店◆

かまたま焼うどん(まる銀商店さぬきっちん) 500円



かっしゃ焼き(Let's) 500円



ーチケット情報ー

↓↓前売り券のご購入は「かまチケ」で!!↓↓


前売り券は現在好評発売中!!


ーアクセス情報ー


キックオフ4時間前より②→③→④→⑤→⑥の順に係りの者が誘導いたします。

駐車場PDFは下記よりダウンロードをお願いします。

↓通常アクセス情報はコチラ↓
https://www.kamatamare.jp/stadium/access.php

第24回香川県サッカー選手権大会 決勝戦及び天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 について(再掲載)

GAME

『第24回香川県サッカー選手権大会 決勝戦』の対戦相手が決定いたしましたので、お知らせいたします。

優勝チームは「天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会」に香川県代表として出場いたします。


<第24回香川県サッカー選手権大会 決勝戦>

【日 時】 5月12日(日)13:00
【場 所】 香川県営サッカー・ラグビー場
【対戦相手】 カマタマーレ讃岐 vs 四国学院大学


※会場図などの詳細は決まり次第、お知らせいたします。




<天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1回戦>


【日時】5月25日(土)13:00
【場所】島根県立サッカー場
【対戦相手】島根県代表 vs 香川県代表

天皇杯 JFA 第99回全日本サッカー選手権大会 1回戦~3回戦の組み合わせはこちらからご確認ください。


※チケット販売などの詳細は、後日お知らせいたします。

3/30(土)明治安田生命J3 第4節 沼津戦 監督コメント

GAME

 

◆上村健一監督コメント
「スカウティングでは、アスルクラロ沼津さんは攻撃で縦に速く、守備も粘り強くやってくるチームなので、選手には'統一感のある良いチームだよ'と話をしてゲームを始めました。その中で縦に速いフットボールに対してどういう風に対応していくかを練習で常に1週間やり続けた結果、少しスピードを落とさせたり出来たのかなと思います。
ただ、早く得点を取った後に2点目を取れず、セップレーで点を取られて少し押し込まれたりバタバタする時間が多く続いたので、その辺りをまた改善していきたいです。
サポーターの皆様がアウェイにも関わらず本当にたくさん来ていただいたので、終盤に押し込まれた時間も本当に耐えることが出来たので、是非次節のホームでも皆さんとまた喜べるようにトレーニングをやっていきたいです。」


ー4試合目にして初の失点であり、また初の複数得点でもあったと思うのですが、修正点や収穫を改めてそれぞれ教えていただけますか?

「失点の部分はそこに至るまでの流れであったりが少し押し込まれる時間が長かったので、攻撃で守備をコントロールするというか、攻撃をあまりスピードアップしないという事だったりを考えないといけないのかなと思います。スピードアップする事によってボールを失ってしまい、それによって守備の時間が長くなったので、その辺りは、'攻撃から守備の部分にこういうことが起きた'という事を今一度みんなと共有し改善していきたいと思いますし、
セットプレー自体もゾーンでやって、ウィークポイントの部分がどうしても失点シーンのように出てしまうので、後半は少し改善しましたが、改めて今一度スカウティングしながら選手にフィードバックしたいと思います。

収穫という所ではゲームの中でも少し、ゲームをコントロールする時間であったりスピードアップするしないという事も、
特に後半ですが、そういった部分を相手を見て、ゲームの展開を考えて判断してやっていくっていうのが何回かあったので、
そういった感覚を少しでも経験出来たことが今後に繋がると思います。」


ー立ち上がりから守備への切り替えが速く、前からプレッシャーをかけていたと思うのですが、沼津に長いボールを蹴らしたくない意図はあったのですか?

「そうですね。蹴られる事によって押し込まれるといった事が起きてしまうので、どうしても蹴られたくないと思いました。
その中で選手には常々言っているのが、ボールを奪う守備の部分では相手に得点を与えないという事もそうなんですが、
'ボールを奪って攻撃に繋げる、攻撃する為に守備をするんだ'と常々言っているので、
攻撃をする為にはなるべく前でボールを奪った方がゴールには近いと思いますし、そう言った所は常に言っているので、それに加えて沼津さんのスタイルの部分もありましたが、
基本的にはなるべく前でボールを奪うという事は、常日頃からトレーニングで行なっています。」






全101件 36 - 40 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • >
  • 最後へ