ALL

シャトルバス利用者特典(景品)応募受付のお知らせ

INFO

この度、シャトルバスご利用者様を対象とした特典(景品)応募受付の実施が決定いたしましたので、お知らせいたします。


内容


2018シーズンホームゲーム開催時におけるJR丸亀駅とJR高松駅からPikaraスタジアム(香川県立丸亀競技場)間のシャトルバス往復乗車券を、下記方法にてご応募ください。

応募多数の場合は抽選となります。ご当選者様の発表は発送をもって代えさせていただきます。

景品の発送は12月下旬頃を予定しております。


景品


5枚 リング付きキーホルダー(エンブレム)×1

10枚 さぬぴータオルマフラー(青)×1

15枚 デコレーショントートバッグ×1個&2018クラブトレーディングカード(サイン入り)×2パック(3/1パック)

トレーディングカードは選手名は選べません。

特典(景品)がなくなった場合は代替品となります。


応募方法


1.下記「シャトルバス利用者特典応募用紙2018(pdf)」に必要事項を記入の上、往復乗車券の領収書(中央部分の残券)を貼り付ける。


2.【郵送】カマタマーレ讃岐事務所宛て(〒761-8051 香川県高松市西春日町1059-13)


【試合会場の場合】カマタマ広場総合案内またはバック総合案内の受付箱に投函


片道乗車券は2枚で往復乗車券1枚とカウントいたします。

※JR丸亀駅・高松駅のものが混在してもかまいませんが、利用日ごとにどちらか1枚が有効です。

ご希望の特典の組み合わせは、乗車券の枚数に応じて選択いただけます。


(例)往復乗車券20枚=キーホルダー(5枚)+トートバック&トレーディングカード(15枚)


応募期間


【郵送】201811月末日必着


【試合会場の場合】1117日(京都サンガF.C./14時キックオフ)




11/11(日)「第29回 県民スポーツ・レクリエーション祭」参加のご報告

ホームタウン

1111日(日)にサンポート高松で開催されました、「第29 県民スポーツ・レクリエーション祭」にソン ヨンミン選手、濱口 草太選手が参加しましたので、ご報告いたします。



当日はホールインワンチャレンジを実施し、来場されたお客様と触れ合いました。また、様々なスポーツにもチャレンジし、交流を深めました。


マスコットのさぬぴーも参加。県内の他のトップスポーツチームの皆様とステージに登場し、抽選会のプレゼンターを務めました。


このような機会をいただきました、県民スポーツ・レクリエーション祭実行委員会の皆様、香川県教育委員会の皆様、イベントにご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。引き続きカマタマーレ讃岐へのご声援をよろしくお願いいたします。




11/11(日)高円宮杯四国予選大会 決勝 試合結果

U-15

11月11日(日)に、徳島スポーツヴィレッジ(徳島県)にて行われました、高円宮杯四国予選大会決勝の試合結果をお知らせいたします。


【大会名】

高円宮杯四国予選大会〈決勝〉


【日時】

2018年11月11日 (日)


【場所】

徳島スポーツヴィレッジ(徳島県)


【対戦相手】

徳島ヴォルティス ジュニアユース


カマタマーレ讃岐U-15 0–4 徳島ヴォルティス ジュニアユース


前半 0-2

後半 0-2

合計 0-4


【得点者】




いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。

優勝を目指し、チーム一丸となり戦いましたが悔しい敗戦となりました。選手達は、試合終了の笛まで諦めず勝利を目指し全力でプレーしてくれました。この結果により、U-15の活動は終了となりましたが、サッカー人生はこれからも続いていきます。この悔しさを糧とし、これからも成長できるように頑張っていきたいと思います。


最後になりましたが、会場設置や準備片付けなど、ご協力していただきました四国サッカー協会の皆様ありがとうございました。

11/10(土)2018JリーグU-14サザンクロスリーグ vs サンフレッチェびんご 試合結果

U-14

 11月10日(土)にユーヴィレッジ宇多津にて行われました、2018JリーグU-14サザンクロスリーグ 第14節の試合結果をお知らせいたします。


【大会名】

2018JリーグU-14サザンクロスリーグ


【日 時】

2018年11月10日(土)


【場 所】

ユーヴィレッジ宇多津


【対戦相手】

サンフレッチェびんご


カマタマーレ讃岐U-14 2-0 サンフレッチェびんご


前半 1-0

後半 1-0

合計 2-0


【得点者】

奥田裕大、正木光希




【U-14:次節試合予定】

2018JリーグU14サザンクロスリーグ 第15節

2018年11月17日(土) 11:00KICK-OFF

丸亀市総合運動公園陸上競技場


vs 愛媛FC


いつも温かいご声援をいただいております保護者様、関係者の皆様、ありがとうございます。

今後も引き続き、皆様からのご声援いただけますよう、チーム一同がんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

明治安田生命J2リーグ第41節 東京ヴェルディ戦 監督コメント

GAME

 ○北野誠監督コメント

「ありがとうございました。今シーズンずっとこんな感じのゲームで、やはり最後のシュートであったり、そのシュートの前のラストパスであったり、そういう精度。リスタートのファーストボールは勝てるけどセカンドボールで押し込まれちゃう、そんなシーズンでした。本当に今日もそんなゲームだったと思います。ただサッカーというスポーツ・競技は点を決める事、点を守る事、そこなのでそこが出来ていなければ、やはりこのような成績になるのかなと思います。非常に、今シーズンみたいな、今シーズンの総括のようなゲームになってしまいました。残り1試合ホームで応援してくれている人たちの為にも、感謝の意を込めて、しっかり戦いたいと思います」

Q:攻めの形がコンパクトで良かったように思います。どのような指示を出されていたのでしょう。
「ヴェルディさん(東京ヴェルディ)は泉澤君か(泉澤仁選手)が入って"戦術泉澤君"になっているので。その彼が出ないということは4-3-3、4-1-4-1の教科書通りの攻め方で来るだろうと思いました。ですから、ボールを動かしながらでもボールを腰下に入れてくる。そのファーストボールを獲っちゃえば、ほぼ消えるぞと。あとは、4と5の間でここで誰をポイントに持っていくかが今日のカギだったと思います。最初の所ではやはり、泉澤君が出るっていう事で、アレックスかなと思ったんですけど、逆に香川君(香川勇気選手)が高い位置を今日はとってきたので、じゃあ香川君の背中、ポイントさえそこで作っちゃえばペナの角とか全て取れるっていうミーティング、トレーニングを今週はやってきました」

Q:試合前のアップでも短いパスのトレーニングをしている様にも見えました。
「いえ。ピッチも凄く滑るし、スリッピーなので。我々、そういうピッチでトレーニングをしたこともないし。そういう所でウォーミングアップは話しました」

Q:カマタマーレ讃岐を率いて5年。最後の90分どんなサッカーをしたいですか。
「何でしょう。この9年間しんどかったし。やはり守ってカウンターしか生き残る術は無かったので、そればかりやってきたけど。今シーズンは、自分たちでボールを握ろうという所をやって。今日みたいにボールを握れるけど最終的な所が出来なかったっていう所が僕の力の無さだったし。ただ、選手たちは一生懸命やろうとしてくれたし。それを何とかしっかりとやって、次の最終戦の京都戦に、今日みたいにボールを握れてる、ペースを持ってる、でも負けたじゃなくて。ボールを握れてる、ペースも握れてる、そして勝つという事を出来たら良いなと思います」

Q:原一樹選手が天皇杯も含めて東京ヴェルディ相手に通算12ゴール。ベンチスタートだった意図は。
「それは言えないです。(一同笑)ただ色んな問題があると思うんですよ。ケガ人も出てるし、ウチだけでは無いですけど。彼の年齢、最後のパワーを使う所で90分間は無理だと思うし。だったら若い選手を使ってヴェルディさんのラインとラインの空いた所で原一樹。そうすれば彼の一番おいしい所だと思うし。そこは僕の失敗で、ヴェルディさんはボールを奪りにきたけど奪れなくて、ずっと引いてたから。一樹にとってはちょっと残念だったかなと思います」
全851件 611 - 615 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 118
  • 119
  • 120
  • 121
  • 122
  • 123
  • 124
  • 125
  • 126
  • 127
  • >
  • 最後へ