ホームタウン

2019シーズンサンクスポスター貼り 活動のお知らせ!

ホームタウン

 この度、サポーター有志によるポスター掲示活動が予定されていますので、お知らせ致します。

この活動にはどなたでも参加できますので、皆様のご協力をお願い致します。


【坂出】

日時:12月28日(土) 13:00~15:00

集合場所:元町商店街入口(イオン側)

担当:瀬詰


【三豊】

日時:12月29日(日) 10:00~12:00

集合場所:三豊市役所

担当:栗野


【志度】

日時:12月29日(日) 10:00~12:00

集合場所:さぬき市役所

担当:渡辺


【高松・商店街】

日時:12月29日(日) 14:00~16:00

集合場所:三越駐輪場前(片原町商店街内)

担当:泉


【三本松】

日時:12月30日(月) 14時~16時

集合場所:ひとの駅さんぼんまつ(JR三本松駅前)

担当:神崎


主催 カマタマーレ讃岐を盛り上げる会

【小豆島町】小豆島中学校 部活指導のご報告

ホームタウン

 12月17日(火)にアカデミースタッフが小豆島中学校へ部活指導に伺いましたのでご報告いたします。

今回の部活指導は、前回のテーマ、相手を観て止める蹴るからの発展で、サポートの位置も意識して行いました。まず初めに、4対1のボール回しを行いました。2つのボールを使い、ボール保持者以外のサポートの準備も意識して練習しました。

また、パスの質や持ち方も工夫して出来ました。



GKは積極的にボールを奪うことをテーマに行いました。ボールを奪うための動き出しやすい体勢の確認から、1回でボールを奪えなかった時の相手のシュートをブロックする方法についてもトレーニングしました。

最初はただ相手FWに近付いていき抜かれてしまう場面もありましたが、トレーニングを重ねる内に近付く場面と待つ場面を使い分けることができるようになり、最後のゲームでも良いプレーを見せていました。

 


   

2対1+2サーバー、3対2+2サーバーの練習を行いました。

数的優位を生かし、ボール保持者は持ち方や目線で相手を惑わし、受け手はサポートの位置を工夫することで上手くポゼッションできました。

雨でピッチの状態が悪い中でも、ボールを浮かすなどの工夫がみられたことは凄く良かったです。

   


最後に5対5+1の試合を行いました。

練習で行ったボールの持ち方や質、ボールを受ける位置を考えること、DFの背後に抜け出す動きなど、良い突破や数多くのゴールが見られました。

守備も泥だらけになりながら、必死になって守る姿やGKのカバーなど、最後までプレーできていたのは凄く良かったです。

 


最後になりましたが、ご協力いただきました小豆島中学校の皆さま、ありがとうございました。


【丸亀市】12/16 (月)「まる・カマきっず」実施のご報告

ホームタウン

 12月16日(月)丸亀市立富熊保育所にトップチームから 森川 裕基 選手、澤田 健太 選手とアカデミーコーチが訪問しました。


選手が登場し、まずは自己紹介と技を披露!選手同士向かい合い、足だけでなくヘディングも織り交ぜたリフティングを実演しましたが、初めて見るプレーにびっくりしながらもとても喜んでくれました!


その後は選手vs園児でこおり鬼。必死に逃げすぎて遠くまで行ってしまう子もいましたが、とても楽しそうに元気よく走り回る姿に一同ほっこりとした気分になりました。


続いてはボールを使った遊びを実施。ほとんどの子どもたちにとっては5号球のサッカーボールに初めて触れる機会なので中々思うようにはいきませんが、選手やコーチの真似をしながら楽しそうに遊んでいました。
その後はシュートの練習をして、いざミニゲーム!
夢中になってボールを追いかけて、みんなでドリブルしながら選手の守るゴールめがけてシュート!見事決まった時は「やったー!!」と飛び跳ねながら喜ぶ姿も見られました。


一方で、上手くいかず悔しがる子どももいましたが、ぜひたくさんサッカーの練習をして将来はたくさんゴールを決めるサッカー選手になってもらいたいなと思います!


最後には「カマタマーレ!!」の掛け声に合わせてみんなで記念撮影!
あわせてサッカースクールの告知チラシの配布も行いました。


「まる・カマきっず」とは、カマタマーレ讃岐と丸亀市が連携して実施する事業で、丸亀市内の公立の幼稚園、こども園、保育所などを選手が訪問し、サッカーを通じて身体を動かすことでスポーツの価値と魅力を多くの方に伝えるとともに、丸亀市内の子どもたちの健やかな成長やスポーツ文化の拡大、地域の活性化を目的としています。


ご協力をいただきました丸亀市立富熊保育所の先生方、関係者の皆様、このような機会をいただきありがとうございました。引き続きカマタマーレ讃岐をよろしくお願いいたします。

【丸亀市】12/11 (水)「まる・カマきっず」実施のご報告

ホームタウン

 12月11日(水)丸亀市立土居保育所にトップチームから 鈴木 拳士郎 選手、中村 亮 選手とアカデミーコーチが訪問しました。


「よろしくおねがいします!」という園児たちの呼びかけを合図に選手登場!


選手2名の自己紹介と足技の披露を行い、その後はみんなで鬼ごっこ。楽しそうな声が園庭に響き渡りました。
そして、ボールに慣れるために簡単な遊びをして、次はシュート練習へ。鈴木選手・中村選手がゴールキーパーを務め、園児はゆっくりとドリブルをしながらゴール前へ進みシュート!選手とコーチからコツを教わったのでみんな上手にできていました。
その後はいよいよ選手vs園児でミニゲーム!必死にゴールを守る子もいれば、どんどん攻める子もいました。選手と一緒にたくさんサッカーをしてみんなとても楽しそうでした!
最後には「カマタマーレ!」の掛け声に合わせてみんなで記念撮影を行い、あわせてサッカースクールの告知チラシ配布も行いました。
メニューを終えた後も園児と選手の触れ合いは続き、選手が園を出た後も「また来てね!」「応援行くね!」などたくさんのメッセージをいただきました。みんなありがとう!



「まる・カマきっず」とは、カマタマーレ讃岐と丸亀市が連携して実施する事業で、丸亀市内の公立の幼稚園、こども園、保育所などを選手が訪問し、サッカーを通じて身体を動かすことでスポーツの価値と魅力を多くの方に伝えるとともに、丸亀市内の子どもたちの健やかな成長やスポーツ文化の拡大、地域の活性化を目的としています。


ご協力をいただきました丸亀市立土居保育所の先生方、関係者の皆様、このような機会をいただきありがとうございました。引き続きカマタマーレ讃岐をよろしくお願いいたします。

【高松市】12/15(日)「第16回 北浜alley 年末チャリティーもちつき大会」 選手参加のご報告

ホームタウン

 12月15日(日)北浜alleyにて開催されました「第16回 北浜alley 年末チャリティーもちつき大会」に 瀬口 拓弥 選手、渡辺 悠雅 選手が参加いたしましたのでご報告いたします。


当日は、会場に訪れた沢山の方々に見守られる中で選手が餅つきを実施。両選手とも「ヨイショ!」という掛け声に合わせて力強く餅つき体験をいたしました。その後は来場された方々と触れ合いタイム。
小さな子どもと一緒に杵を握りながらお餅をついたり、写真撮影をしたりしました。会場は沢山の方々にお集まりいただいたおかげで寒さを忘れるような熱気に包まれました。
ついたお餅はその場で、きな粉や大根おろしをまぶしたり、ぜんざいにしたりしてふるまわれ、選手含めたたくさんの人が、つきたてのお餅に舌鼓を打っていました。


当日の会場にはグッズ販売ブースも出店し、福袋や「ALL FOR SANUKI」グッズ等を販売し賑わいを見せました。
沢山の方にお買い上げいただきまして誠にありがとうございました。


会場では同時にチャリティー募金活動も行われ、こちらも沢山の方々にご協力いただきました。ご協力くださいました皆様、ありがとうございました。
北浜alleyと波止場組の皆様、関係者の皆様、この度はこのような機会をいただきまして誠にありがとうございました。

今後も引き続きカマタマーレ讃岐へのご支援をよろしくお願いいたします。

全198件 6 - 10 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • >
  • 最後へ