ホームタウン

2/7(木)「朝のあいさつ運動」 のご報告

ホームタウン

本日2月 7 日(木)に、高松市立檀紙小学校、高松市立円座小学校、高松市立川岡小学校の3校にて実施されました、「朝のあいさつ運動」 にカマタマーレ讃岐から荒堀 謙次 選手、長澤 拓哉 選手、我那覇 和樹 選手、高木 和正 選手、鈴木 拳士郎 選手、濱口 草太 選手、中村 亮 選手 計7名と、

クラブマスコットの「さぬぴー」が各小学校に3グループに分かれて参加しましたので、ご報告致します。 



当日はあいさつ運動を主催している高松市立香東中学校の生徒の皆様と一緒に、登校した児童の皆様をあいさつで迎え、どの小学校でも子どもたちからは元気の良いあいさつを返してもらうことができました。


   

今回このような機会をいただきました、高松市立香東中学校の関係者の皆様、高松市立檀紙小学校、高松市立円座小学校、高松市立川岡小学校の先生方、各学校の児童の皆様、本当にありがとうございました。


カマタマーレ讃岐では地域密着型スポーツクラブとして今後もこのような活動を行なってまいります。選手やマスコットなどの派遣もしておりますのでお気軽にお問い合わせください。
引き続きカマタマーレ讃岐へのご声援を宜しくお願いいたします。


1/29(火)丸亀市立綾歌中学校 部活指導のご報告

ホームタウン

1月29日(火)、丸亀市立綾歌中学校へ部活指導にアカデミースタッフが伺いましたので、ご報告いたします。


今回の部活指導のテーマは、クロスからの攻撃です。クロスの質、入っていく場所を意識的にトレーニングしました。




 ウォーミングアップは、ヘディングのトレーニングを兼ねて行いました。狙いをもってヘディングすること、ジャンプしながら正確にシュートすることができました。


 

クロスからシュートのトレーニングでは、中の選手の入っていく場所・スピードを意識しました。クロスの選手はどこにどのようなボールを供給すれば味方がシュートしやすいかを意識してトレーニングしました。
回数を追うごとにゴールの数も増えました。


 


 

GKもクロスに対してのトレーニングを行いました。シンプルな状況の中で対応を確認したのち、フィールドプレーヤーに合流しました。合流したトレーニングでは、積極的に奪いに行くプレーが多く見られ、成長を感じることが出来ました!


 

最後にゲーム形式のトレーニングを行いました。
DFがゴール前を固めていたために、トレーニングを行ったクロスの場面が多くありました。積極的にクロスや中に入っていく意識があり、シュートチャンスも数多くありました。1つ1つのプレーにこだわり、精度を上げることでもっと良くなるので続けてトレーニングしてくれたらと思います。


 
 

最後になりましたがご協力頂きました丸亀市立綾歌中学校の皆さま、ありがとうございました。
次回もよろしくお願いいたします。

2/1(金)「全国中学生人権作文コンテスト 香川県大会 表彰式」トップチーム選手参加のご報告

ホームタウン

2月1日(金)に三豊市立豊中中学校にて開催されました「全国中学生人権作文コンテスト 香川県大会 表彰式」にトップチームからぺ スヨン 選手、赤星 雄祐 選手が参加しましたので、ご報告いたします。


「全国中学生人権作文コンテスト」は法務省と全国人権擁護委員連合会が行う、人権尊重思想の普及高揚を図るための啓発活動の一環として毎年開催されています。香川県大会では「カマタマーレ讃岐賞」を2014年に新設し、今年度受賞された生徒を表彰しました。


また、表彰式の後はボールを使い、生徒の皆様との交流した後、人権擁護委員様による人権教室を実施。「外国人をめぐる人権問題」というテーマで、映像を観ながらディスカッションを行いました。特にペ スヨン選手は外国人選手という立場で、日本で暮らしていて感じたことなどをお話しし、生徒の皆様は熱心に耳を傾けていました。


このような機会をいただきました、香川県人権擁護委員連合会 関係者の皆様、三豊市立豊中中学校 関係者の皆様、「全国中学校人権作文コンテスト香川県大会」にご応募くださった生徒の皆様、本当にありがとうございました。

引き続きカマタマーレ讃岐へのご声援をよろしくお願いいたします。

1/27(日)香川中央高校 部活指導のご報告

ホームタウン

 1月27日(日)にアカデミースタッフが香川県立香川中央高校へ部活指導に伺いましたのでご報告いたします。今回のテーマは、前回に引き続きビルドアップ(GKを含む)です。


ウォーミングアップは、頭を使いながら同時に多様な動きを行う運動からスタート。


 
次の6対2のポゼッションでは、グリッドの中央にコーンで作られたゲートをDFの2人は、守ります。これは、前回も行ったトレーニングです。


 


GKも前回と同様、ビルドアップに必要な要素を含んだトレーニングを行いました。


   


続いて、4vs2を意識しながらポジションを取り、前にボールを運ぶトレーニングを行いました。
実際の試合に近い形でトレーニングをすることでリアリティのあるものになります。
人数を4対4にしてボールを保持しながらフリーマンを使い前にボールを運びます。


   


次に6vs6+2サーバー(2GK)でGKを含んだポゼッショントレーニングを行い、最後の11vs11でも今日のトレーニングのテーマにチャレンジしました。サポートのポジションを意識して、ボールを運ぶためのコンビネーションも見られ、良かったと思います。一つ一つのプレーの質にこだわり、パスの精度を上げることが出来れば、もっと良くなるので普段から意識してトレーニングしてください。


最後になりましたがご協力頂きました香川県立香川中央高校の皆様、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。

1/6(日)香川中央高校 部活指導のご報告

ホームタウン

1月6日(日)にアカデミースタッフが香川県立香川中央高校へ部活指導に伺いましたのでご報告いたします。今回のテーマは、ビルドアップ(GKを含む)です。


ウォーミングアップは、ビルドアップに必要なパス(キック)と観るということを意識したトレーニングをリラックスした雰囲気の中、行いました。 



次の6対2のポゼッションでは、グリッドの中央にコーンで作られたゲートをDFの2人は、守ります。OF側は、中(ゲート)を狙えるポジションを取りながらボールを奪われないようにボールを動かすトレーニングをしました。



GKは、今回のテーマを行うのに非常に大切な役割を担います。ボールを配給するために必要なものをトレーニングに組み込み意識付けを行いました。



続いて、4vs2を行いました。

OF、DF共に自分のポジションや役割をゲームでの状況を意識した中で行いました。

その後の5vs5+2GKでは、今まで行ったトレーニングを振り返り、前方を意識しながらボールを保持し、スペースの広い場所から相手陣地に進入して行くことを目指しました。  




最後に9vs9+2GKでゲームを行い、失敗もありましたがトレーニングしたことにチャレンジをしてくれて良いゲームになりました。急いでプレーすることが多くみられ、もう少し余裕をもってプレーをすることが出来れば、さらに良くなると思われました。余裕を持つには、準備が大事になり、正確なパスと1stタッチが必要になります。普段からこれらを心掛けてプレーしてくれれば幸いです。


最後になりましたがご協力頂きました香川県立香川中央高校の皆様、ありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。

全198件 141 - 145 件表示
  • 最初へ
  • <
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 32
  • 33
  • >
  • 最後へ